現在妊娠している方や小さなお子さんがいらっしゃる方、我が子の飲食にはこだわりを持っていらっしゃいますか?
その子の味覚や飲食習慣を決定づけるのは、幼いときの経験だとされています。
何を食べて大きくなったのか?
これは何でもいいのですが、実は親が作ったものが何よりのごちそうです。
これは、毎回手の込んだモノを作れというものではなく、親が手をかけたものという意味です。
これらを飲食をすることで、子供は親は自分のために時間をさいてご飯を作ってくれると認識をし、一生忘れません。
そして、自分が親になったときには、同じことをすると言われています。
家族にとって、飲食を共にする、同じものを食べるということが大切なことです。
子供の飲食全般に親がかかわり、同居している祖父母や兄弟全員が関係することが重要です。
もっとも、親がとても忙しく、子供のために飲食を作ることも食べることもできないという場合もあります。
そうしたときには、一緒のときには精一杯内容の濃い飲食を共にすることをお勧めします。
うちの親は料理がダメでいつも失敗ばかり、インスタントが多かった、なんて言う飲食に関係する思い出も大人になると良い物になります。
飲食2
子供と関わることができる時間は限定されています。
その中で飲食関係が一番長いとされていますから、その時間は大切にしてください。
その気持ちがあるだけでも違いますし、子供の成長にも大きく関係するとされています。