CX_CM147
日本人の主食は米です。
しかし、現在毎日米を必ず食べる方は少なくなってきているとされています。
日本食といえば、主食に米をベースにした献立になります。
日本の米の味は年々美味しくなって、種類も豊富です。
それぞれの特質を活かした飲食をすることができます。
朝食に米を食べることで、血糖値の上がり方がゆっくりとなり、体に良いとされています。
そういえば、飲食で米は使っていないという方も多いはず。
それは憂うことでもありますが、同時にいろいろな飲食できる豊かな時代になったとも言えます。
主食である米をベースにしてしまうことで、和食のお品書きのようなメニューの幅が狭まります。
他の主食を用意することで、いろいろな飲食がでることになっています。
○○食と言った他国の料理を飲食するとき、米を出す必要なく、主食の変わりはいろいろあります。
しかし、日本の米は米粉として、パスタやパンに変身することができます。
これはすごいことと言えます。
それには理由もありますが、小麦粉などにアレルギーがある方にとっては、米粉を使った料理はとても歓迎されます。
なんと、米という物体を変化させて、他の物体として主食の座を守っていると言えます。
米の飲食の仕方は、形も変えてしっかりと日本の食卓を守っていることになります。
歴史があるからということではないのですが、この先も普通に炊いたご飯の文化は、廃れることはあってもなくならないといえるでしょう。意外と知らない!? 料理別「和食」の正しい食べ方・マナー
お米大好き、ご飯おいしいという方もとても多いですから。